福岡県福岡市中央区大名2-7-3 ウェッジビル5F

藤野クリニック

育毛・増毛のQ&A

HARG治療方法【育毛・増毛・薄毛専門サイト】HARG療法・毛髪遺伝子検査なら!福岡の藤野クリニック監修

  • EPARK ネット受付はこちらから
  • 藤野クリニック
  • 藤野クリニック あなたのキレイ応援サイト
  • 美容点滴&注射・疲労回復LAB prodused by Fujino Clinic
  • ENVIRON(エンビロン)その肌が、こたえです
左のQRコードを読み込んでいただくと、携帯サイトがご覧いただけます。

毛髪再生「ヘアフィラー療法」Q&A

併用療法

痛みに関して
HairFillerに含有されいてるハイブリッドペプチドは、分子量が非常に小さい為、注入時の痛みはかなり少ないです。

術後のケア

術後に気をつける事は?
施術当日は、整髪料などは使わず清潔に保つ。施術当日の洗髪は、洗髪料などを用いず流水で洗い流す程度。術後、7日間は毛染め・パーマなどは禁止。

併用療法

HairFillerの治療と合わせて、プロペシア・ミノキシジルなどによる併用療法は必要か?
患者の希望があれば、併用療法は可能です。基本的には、HairFillerによる治療のみで効果を確認しています。
HairFiller関連商品のペロバームに含まれる、CGシェブリンはフィナステリドと同じく、テストステロンと5αリラクターゼの結合を阻害する効果を発揮します。フィナステリドの内服、もしくは、ペロバームのホームユースを用いて抜け毛の予防を家庭で行う事は、早く効果を認識し、治療後の経過を維持させることにも有効です。

効果/維持について

治療終了後、どのくらい維持されるか?
治療終了をした後の薄毛の進行の程度には、個人差があります。もともとAGAの傾向が強い方は、3か月~6か月の経過により再度、抜け毛が増加してくる場合があります。
維持の方法は?
男性、女性ともにテストステロンと5αリラクターゼの結合を阻害し抜け毛の予防に努める必要があります。HairFiller関連商品のペロバームなどでジヒドロテストステロンを抑制する事で維持期間を長期に保つことが可能です。
治療終了後、継続治療の必要性は?
患者の個人差にもよるが、3か月~4か月に一度の間隔でHairFillerによる経過治療が推奨されます。
ページの先頭に戻る